河川敷や公園での飲食禁止 BBQクラスター発生の秋田県

秋田県庁

 秋田県は24日、バーベキューで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したとして、県管理の河川敷や自然公園などでバーベキューや飲み会を禁止すると発表した。

 県議会の県政協議会で佐竹敬久知事が説明した。国や県内全25市町村にも、それぞれが管理する公共用地で同様の措置を取るよう要請した。県管理の河川敷は同日から巡回を始めた。期限は決まっておらず、罰則は設けない。

 県内では由利本荘保健所管内でバーベキュー参加者9人が感染した。佐竹知事は取材に「クラスターにはなっていないが、他にも県内でバーベキューで感染したとみられる例が何件かある。感染リスクがあるものはなくす必要がある」と強調した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る