色、声、音、匂い-雄勝のすべてを紹介 ゆかりの表現者が企画展

住民が撮影した写真やホタテ、ホヤのイラストをつり下げて紹介する「みんなでつなぐ十五浜写真展」

 東日本大震災で大きな被害を受けた石巻市雄勝町の住民と縁をつないだ表現者が雄勝への思いを伝える企画展「おがつの匂い」(実行委員会主催)が市雄勝硯伝統産業会館で開かれている。30日まで。

 「みんなでつなぐ十五浜写真展」では、名振地区から波板地区までの住民が撮影した15地区の写真やホヤ、ホタテのイラストを天井からつり下げ、各地区の風景や恵まれた自然を紹介している。

 「おがつのいろ」「おがつのこえ」といった題名で写真、絵画を展示。「おがつのね」と題して自然の音や話し声などを使った音楽の紹介もあり、来場者の関心を呼んでいる。

 午前9時~午後4時半。火曜休館。連絡先は市雄勝硯伝統産業会館0225(57)3211。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る