「SDGsおのくん」誕生 残糸活用、世界に一つの靴下で制作

靴下の製造過程で出る残糸を使ったおのくん

 宮城県東松島市の有志グループ「おのくん空の駅プロジェクト」が、靴下の製造過程で出る残糸を使いオリジナルデザインのサルの人形「おのくん」を作った。プロジェクトは新しいおのくんを通じ、身近な環境についても考えるきっかけにしてもらおうと制作に励んでいる。

 おのくんは東日本大震災で被災した市内の女性たちが靴下で手作りしている。プロジェクトは残糸を活用して約20種類のデザインのおのくんを制作。靴下製造販売「レンフロ・ジャパン」(東京)が材料を提供した。

 残糸はレンフロ社が毎年、サンプル用の靴下を製造する際に発生する。プロジェクトの新城隼共同代表(50)は「これまでのおのくんと違い、市販の靴下の柄に縛られないデザインで作ることができた」と話す。

 本来なら廃棄される糸を使うことで国連の持続可能な開発目標(SDGs)の実践を目指す。新城共同代表は「震災という自然災害から生まれたおのくんを知ってもらうことで震災の教訓や自然環境について考えるきっかけになってほしい」と語る。

 残糸を使ったおのくんはプロジェクトのホームページの「おのくん公式ショップ」で購入できる。ミニタオルとセットで1個1500円。連絡先はおのくん空の駅プロジェクト0225(90)3314。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る