お天気本、異例の売れ行き 「おかえりモネ」も追い風 空の不思議に関心集まる

 天気、気象を扱った本の売れ行きが好調だ。発売以来、4カ月足らずで累計10万部を突破した書籍もある。頻発する豪雨災害などによる気象への関心の高まりが表れた格好。気象予報士が主人公で、宮城県を舞台にしたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の効果もあるようだ。

 最も売れているのが、雲の研究者で気象庁気象…

残り 545文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ