山形知事、芋煮会は禁止せず 「4人以下、短時間、マスク会食」で

吉村美栄子山形県知事

 今年の秋は河川敷で芋煮会を開いてもいいのか-。山形県の秋の風物詩、芋煮会の本格シーズンを前に、吉村美栄子知事は8日の定例記者会見で、「普段一緒にいる人と4人以下、短時間でマスク会食」の原則に沿って芋煮会を楽しむよう協力を求めた。

 隣の秋田県の佐竹敬久知事が県管理の河川敷でバーベキューの禁止を求めたことを受けて対応を問われ「私の中でずっとせめぎ合っていた。どうしようかと…」と深刻そうな表情を見せた吉村知事。感染対策を講じればリスクは減らせるとして禁止は求めなかった。
 山形県によると、県内でも屋外飲食による新型コロナウイルスの感染事例が発生。屋外でもマスクを外した飲食は十分に距離を取るよう呼び掛けている。
 ただ、同居家族のみで開く芋煮会は人数を4人以下に制限しない。山形は3世代同居率が全国1位で、大家族が多い土地柄。吉村知事は「家族ならもう少し多くても良いのかな」と述べ、ソウルフードを愛する県民に判断を委ねて締めくくった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る