歩くのが楽しい七日町に 山形市が社会実験、車線を一部規制

 山形市は、市中心部の七日町大通り(国道112号)で歩行者が過ごしやすい空間を整え、訪れた市民の動きを調べる社会実験を始めた。車線も一部規制し、歩行者に開放する予定。「やまがたRe-v-ing(リビング)」と銘打ち、イベントがない日常でにぎわいを生み、空洞化する市中心部の再生を目指す。

 実験の期間は…

残り 449文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ