新型コロナ 青森・岩手・秋田・山形・福島の感染者(15日)

青森55人

 青森県などは15日、10歳未満から80歳以上を含む男女55人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計5269人となった。

 新規感染者の内訳は八戸市22人、青森市16人、三戸地方保健所管内(三戸郡など7町村)9人など。15人の感染経路が分かっていない。15日現在の入院者数は101人で、確保病床328床に対する使用率は30・8%。

岩手18人

 岩手県と盛岡市は15日、10歳未満~40代の男女18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳は盛岡市6人、北上市3人など。県内の感染確認は計3426人。

秋田5人

 秋田県と秋田市は15日、10歳未満~70代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保健所別内訳は大仙2人、秋田市、大館、由利本荘が各1人。県内の感染確認は計1796人。

山形9人

 山形県と山形市は15日、10代から90歳以上を含む男女9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計3443人。県内の医療機関に入院していた患者1人の死亡も公表し、県内の死者は計54人となった。

 新規感染者の内訳は山形市3人、川西町2人など。クラスター関連は、川西町の介護老人保健施設で1人増え計10人。

福島30人

 福島県は15日、10歳未満~80代の男女30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。内訳はいわき市11人、郡山市4人、福島市3人などで、県内の感染確認は計9312人。いわき市の事業所で従業員計7人の感染が判明し、クラスター発生と認定された。

 県は新型コロナ医療調整本部会議で、重症化を抑える効果があるとされる「抗体カクテル療法」の整備状況を明らかにした。患者を受け入れる42医療機関のうち、40機関で薬剤の投与が可能。10日現在、35機関が実施している。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る