FAQ

加美町、汚染牧草のすき込み開始 25年度完了目指す

 宮城県加美町は21日、東京電力福島第1原発事故で発生した汚染廃棄物のうち、1キログラム当たり400ベクレル以下の汚染牧草のすき込み処理を、同町鹿原の町営放牧場天ケ岡採草地で始めた。町内には8000ベクレル以下の汚染牧草4093トンがあり県内自治体で最多。事故後10年半を経て本格処理に着手した。

 す…

残り 492文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る