加美町長選、猪股氏が3選

 任期満了に伴う宮城県加美町長選は11日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の猪股洋文氏(67)が、無所属新人で元副町長の吉田恵氏(66)を破り、3選を果たした。

 午後9時15分すぎ、同町矢越の事務所に当選確実の知らせが入ると、詰め掛けた支持者約200人から拍手が湧き起こった。迎えられた猪股氏は「培った経験と人脈をつぎ込み、安心して住み続けられる町をつくる」と抱負を語った。

 選挙戦で猪股氏は、民間音楽教育施設の誘致、アウトドアを生かした観光振興など2期8年の実績を強調。産学官連携による高齢者の足の確保や、中新田高へのスポーツコース設置などの公約を訴えた。

 吉田氏は、町議の大半や元町長らの支援を受けて「対話重視の町政への転換が必要」と刷新を訴えたが、政策の具体的な対立軸を示せず、うねりを引き起こせなかった。

 当日の有権者は1万9798人。投票率は66.48%で前回2011年を9.92ポイント下回り、過去最低となった。

◇加美町長選開票結果(選管最終)
当 7,105 猪股洋文 無現③
  5,957 吉田恵  無新

[いのまた・ひろぶみ]52年3月28日、加美町生まれ。米国州立ユタ大卒。県職員、介護施設代表を経て町長選4度目の挑戦となった11年に初当選。67歳。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る