東北楽天、埼玉・昌平高の吉野外野手を1位指名 東北福祉大・椋木投手はオリ1位

指名を受けた喜びや周囲への感謝を語る椋木蓮投手
石井一久ゼネラルマネジャー兼監督

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が11日、東京都内のホテルで開かれ、東北楽天は1位で埼玉・昌平高の吉野創士外野手を単独で指名し、交渉権を獲得した。

 吉野は身体能力が高く、走攻守そろったスケールの大きい選手。

 東北関係では、秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手がソフトバンク、東北福祉大の椋木蓮投手がオリックスのそれぞれ1位、筑波大の佐藤隼輔投手(宮城・仙台高出)が西武の2位で指名を受けた。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため昨年に続きファンを招待せず、球団ごとに換気ができる個室を用意するなどの対策を講じた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る