FAQ

東北楽天の戦力バランスどうなる? ドラフト会議終わる

 プロ野球のレギュラーシーズンが終盤を迎える中、11日に新人選手選択会議(ドラフト会議)が行われた。東北楽天は1位で埼玉・昌平高の吉野創士外野手を単独で指名し、交渉権を獲得。最終的に育成選手を含めて投手5人、捕手1人、外野手4人の計10人を指名した。それを踏まえて今季在籍する選手の年齢構成と、投打に…

残り 1027文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る