囲碁名人戦、あす大一番の第6局 井山名人に一力天元が挑む

井山裕太名人(左)と一力遼天元

 囲碁の井山裕太名人(32)に仙台市出身の一力遼天元(24)が挑戦している第46期名人戦7番勝負(朝日新聞社主催)の第6局が19、20日、静岡県熱海市で打たれる。

 対戦成績を3勝2敗としている一力天元が勝って初の名人位奪取となるか、土俵際の井山名人が底力を発揮して3勝3敗のタイに戻すか、囲碁界注目の大一番となる。一力天元が名人位に就けば東北では初めてとなる。

 立会人は石田芳夫九段。持ち時間は各8時間で、19日午前9時に井山名人の黒番で対局を開始する。同午後6時の手番の側が封じ、20日午前9時に再開し、同日中に決着する予定。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る