一力遼の一碁一会 「囲碁とAI」 棋士築いた価値観一変

 近年、人工知能(AI)の登場で社会の在り方が大きく変容しています。AIは、囲碁の世界にも革命的な変化をもたらしました。

 転機となったのは2016年、グーグル関連のAI「アルファ碁」がトップ棋士にハンディなしで4勝1敗と圧倒したときでした。当時、チェスや将棋では人間を超えるAIが既にありましたが、囲碁ではプロレベルに達していませんでした。そのため、アルファ碁の勝利は全世界に衝撃を与えたのです。

 この出来事をきっかけに各国で開発が進み、今では人間のレベルを超えたAIが無数に存在しています。では、人間とAIの碁はどこが違うのでしょうか。

 私たちが普段の対局で考えるときは、想定図を作るのと同時に複数の図を比較しています。この難しい選択の場面で、AIは図の優劣を瞬時に見分けることができるのです。この判断力が一番大きな差と言えるでしょう。

 また、人間は固定観念や流れにとらわれてしまいがちですが、AIはその局面の最善手を選択します。囲碁には「定石」と呼ばれる、序盤で互角になる打ち方があります。AIの登場で従来の定石の多くが廃れる一方、新しい定石が誕生しました。AIは、それまで人間が築き上げた価値観を一変させたのです。

初はAIの示す手が理解できず、私を含めほとんどの棋士が戸惑いました。アルファ碁の登場から5年がたった今、AIの手法がスタンダードになりました。人間とAIの関係は、「対決」から「活用」へと変わりました。

 AIは人間より強くなりましたが、完璧というわけではありません。昨年、将棋の藤井聡太二冠(19)による「AI超え」の手が世間の関心を集めました。囲碁でも、複雑な要素が絡んだ局面など、特定の場合において人間の方が上回ることはあります。

 多くのAIは優勢になると僅差のリードを守る打ち方を選びます。人間は優勢でも最後まで最善を尽くそうとするため、AIの手に違和感を抱くことも少なくありません。

 人間同士の対局にはミスや感情が出たりし、AIにはない魅力やドラマが存在します。私は一棋士として、人間らしい碁を追求していきたいと考えています。(囲碁棋士)

河北新報のメルマガ登録はこちら
一力遼の一碁一会」

企画特集

先頭に戻る