仙台育英、花巻東が8強入り 秋季東北高校野球

仙台育英―盛岡大付 3回裏仙台育英2死二塁、遠藤の中前打で二走岡田が生還、3―1とする。捕手吉田=仙台市民

 秋季東北地区高校野球大会は21日、仙台市民、石巻市民両球場で2回戦があり、仙台育英(宮城第1)と花巻東(岩手第1)が準々決勝進出を決めた。

 仙台育英は0-1の三回に相手投手の暴投で追い付き、遠藤の適時打などでさらに2点を挙げて勝ち越し。四~六回にも計4点を加えて盛岡大付(岩手第3)を突き放した。

 花巻東は四回、佐々木麟の右中間への2点本塁打などで5点を先取。六回には押し出し四球や千葉の右前打で6点を奪い、東日本国際大昌平(福島第2)に大勝した。

▷2回戦
盛岡大付(岩手)
001001101-4
00321100×-7
仙台育英(宮城)

花巻東(岩手)
000506-11
000010-1
東日本国際大昌平(福島)
(六回コールドゲーム)

21日の試合結果
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る