盛岡大付、学法石川にコールド勝ち 秋季東北高校野球開幕

学法石川―盛岡大付 4回表盛岡大付2死満塁、今野の2点左前打で生還し、ガッツポーズをする二走中沢。捕手保科=石巻市民

 来春の選抜大会(甲子園球場)につながる第74回秋季東北地区高校野球大会が20日、仙台市民、石巻市民の両球場で開幕した。1回戦は盛岡大付(岩手第3)と東奥義塾(青森第3)がともにコールド勝ちして2回戦に進んだ。

 盛岡大付は1-1の四回に佐藤の右前適時打などで一挙6点を加え、学法石川(福島第3)を9-2で下した。東奥義塾は一回に4長短打を集めて4点を先取。二回には福士の中前適時打、後藤の左越え2点二塁打などで5点を奪い、大曲工(秋田第3)に10-0で大勝した。

▷1回戦
盛岡大付(岩手)
01060002-9
10010000-2
学法石川(福島)
(八回コールドゲーム)

大曲工(秋田)
00000-0
45001x-10
東奥義塾(青森)
(五回コールドゲーム)

20日の試合結果
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る