東北楽天及ばず、地力に差 ロッテと引き分けで終戦

ロッテ-東北楽天 7回ロッテ2死、マーティン(手前)に右越えソロを浴び同点とされ、がっくりする東北楽天3番手の酒居(高橋諒撮影)

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ(3試合制)は7日、セ、パ両リーグともに第2戦が行われ、パはレギュラーシーズン2位のロッテが3位東北楽天に4-4で規定により九回表終了コールドゲームで引き分け、対戦成績を1勝1分けとしてファイナルステージに進出した。セは3位巨人が2位阪神を4-2で破り、2連勝で突破を決めた。

 東北楽天は救援陣が踏ん張れず引き分けに終わり、CSファーストステージ敗退が決まった。

 4-3の七回、3番手酒居がマーティンに同点ソロを浴びた。先発岸は5回2失点だった。打線は二回に2点を先制。2-3の七回、炭谷のソロで追い付き、島内の適時打で一時は勝ち越した。しかし、八回以降、反撃を封じられた。

 ロッテは打線が粘りを見せて小刻みに加点した。山口が六回のソロを含む3安打2打点と気を吐いた。

▽本塁打 山口1号(1)(安楽)炭谷1号(1)(小島)マーティン1号(1)(酒居)

救援陣、痛恨の被弾

 東北楽天にとってCSファーストステージ突破へ引き分けは許されない一戦。4-4の九回、1死から岡島が右前打を放ち、望みをつないだ。二ゴロの浅村は必死のヘッドスライディングで併殺を防いだ。好調の4番島内に望みが託されたが、リーグ打点王は力なく右飛に倒れた。2位ロッテの壁は厚かった。

 2-3の七回、勝利の扉が開きかけた。「負けてたまるか」。先頭炭谷が反撃ののろしを上げた。先発小島の初球を捉え、左中間席へ同点ソロ。なお1死一、三塁と攻め、島内が左前へ勝ち越し打を放ち、小島をKOした。

 初戦に続く七回の逆転劇にベンチは沸いた。だが、この日も勝利への道筋は厳しかった。その裏、3番手酒居が2死からマーティンに右翼席へ痛恨の同点弾を浴びた。右腕は「悔しい」と肩を落とした。六回には2番手安楽が山口(秋田・明桜高出)に勝ち越しのソロを許していた。リーグ屈指の救援陣を支えてきた2人がともに一発に屈した。

 試合後、選手たちはグラウンドで歓喜に浸る敵軍をベンチから見つめていた。8年ぶりの日本シリーズ進出を目指したCSは1勝もできず、地力の差を突き付けられた。

 「この緊張感の中で自分のプレーができた人もできなかった人も、いろいろなものをもらえたと思う。強いチームになっていくため、これを肥やしにしてほしい」と指揮官。雪辱は来季、結果で晴らすしかない。
(佐々木智也)

ロッテ―東北楽天 東北楽天先発の岸。5回を2失点と粘った

岸「申し訳ない」 リード守れず5回2失点

 東北楽天先発の岸は5回6安打2失点と粘投したものの、2点のリードを守れずに降板した。救援陣が一発に泣いて引き分けに持ち込まれただけに、「1年間応援してくださったファンの皆さんに、申し訳ない気持ちでいっぱい」と声を落とした。

 「勝てば何でもいい」。前日の意気込み通り、立ち上がりから走者を背負っても根気強く投げた。マーティンの二塁打で1死二塁となった一回は後続を空振り三振と三飛でシャットアウト。先頭から連打で無死一、三塁を招いた二回は、岡を二ゴロ併殺に仕留めて最少失点で切り抜けた。

 踏ん張れなかったのは2-1の四回1死一塁だ。山口にフルカウントから投じたチェンジアップを引っ張られ、左翼線に運ばれた。スタートを切っていた一走が生還し、同点にされた。「四球を出したくない分、甘くなってしまった」。試合の流れを左右した1球を悔しげに振り返った。
(斎藤雄一)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る