石井GM兼監督「負けは僕の責任」 東北楽天CS終戦

CSファーストステージ敗退が決まり、グラウンドを見つめる東北楽天の石井監督

 東北楽天は今季の戦いを終えた。石井一久ゼネラルマネジャー(GM)兼監督がファーストステージで敗れたCSの戦いぶりを振り返った。

 -CSは1敗1分けで敗退した。

 「1勝もできず、とても残念。結果は残念だが、選手は立ち向かってくれた。しっかりと1点を取りにいき、1点を防ぎにいくところは一生懸命にやってくれた。感謝している」

 -選手への感謝の気持ちは強い。

 「僕一人がベンチにいても勝てるものではない。選手がプレーして勝ちを拾える。負けは僕の責任。みんな頑張ってくれた」

 -2試合とも救援陣が手痛い本塁打を許した。

 「うちのリリーフが打たれたら仕方がない。12球団で1番のリリーフ陣だと思っている。彼らも力を振り絞ってやった結果だ。反省するところは反省し、頑張れたところは自信にして成長してほしい」

 -目標の日本一は果たせなかった。何が足りなかったか。

 「いろいろあるが、今はまだ振り返りたくない」

 -今季応援してくれたファンに一言。

 「(新型コロナで)難しい状況下でも球場に来ていただき、テレビの前でも応援してもらったが、思うような結果にならなかった。(日本シリーズで)東北に戻ってくると約束して球場を出てきたが、それができず、申し訳ない。悔しい思いでいっぱいだ」

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る