東北コメ作況「やや良」 余剰感膨らむ恐れ 10月25日現在

 東北農政局は9日、東北6県の2021年産水稲の作柄概況(10月25日現在)を発表した。東北の作況指数は前回調査(9月25日現在)と同じ102の「やや良」(102~105)で、この時期の「やや良」は3年連続。刈り取りはほぼ終了した。

 豊作基調の一方、新型コロナウイルスの影響で業務用を中心に需要が落ち込んでおり、さらに余剰感が膨らむ可能性がある。

 県別、地域別の作況指数は図の通り。県別も全6県で前回の数値を維持した。地域別では青森の全3地域、岩手の北部で1ポイント低下したが、穂数に1穂当たりのもみ数を乗じた全もみ数は平年以上に確保され、登熟(もみの実入り)もおおむね順調に推移した。

 6県の総作付面積は前年比1700ヘクタール減の40万9900ヘクタール。飼料用米などへの作付け転換が進み、主食用は1万9600ヘクタール減の32万2400ヘクタール。

 予想収穫量は前年同期比12万6000トン減の211万トンで、うち主食用は13万トン減の187万トン。

 主食用の県別の予想収穫量は青森21万700トン、岩手25万6400トン、宮城33万3700トン、秋田42万2000トン、山形34万3700トン、福島30万3600トン。

 10アール当たり予想収量は青森616キロ(前年同期比12キロ減)、岩手555キロ(2キロ増)、宮城547キロ(5キロ減)、秋田591キロ(11キロ減)、山形626キロ(4キロ増)、福島555キロ(7キロ減)。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る