閉じる

処理水放出の影響「極めて軽微」 東電がシミュレーション

 東京電力は17日、福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水を海洋放出した場合の沖合への広がり方や環境への影響をシミュレーションした結果を公表した。海水中に含まれる自然由来のトリチウム濃度を超えるのは第1原発の周辺2~3キロの範囲にとどまった。海の動植物の被ばく量は国際基準を大きく下回り、影響…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ