がっつり「夜定食」で活力を お茶の井ケ田、夜の営業一部再開

「夜めしきくすいあん」で提供される牛もつ煮定食

 お茶の井ケ田(仙台市青葉区)は、牛もつ煮や唐揚げといった定食や丼物を中心に提供する「夜めしきくすいあん」を喜久水庵多賀城本店(宮城県多賀城市)で10月に始めた。午後5~9時。

 牛すじ赤身肉とシマチョウ(大腸)を使った牛もつ煮定食(880円)や、鶏肉と豚肉を使った「W唐揚げ定食」(968円)などボリュームたっぷりのメニューを用意した。

 同店を含む6店舗で茶そばや天丼といった和食を提供していたが、新型コロナウイルス下で昨年4月から午後6時以降の営業を休止。「コロナ禍を耐えるお客さんの活力に」とメニューを開発、感染状況が落ち着いていることから夜の営業を多賀城本店で再開した。

 担当者は「喜久水庵のお客さんをいい意味で裏切ると思う。わくわくできるだんらんの場を提供したい」と話す。多賀城本店限定の提供だが、反響を見て今後の店舗展開に生かすという。連絡先は多賀城本店022(363)7881。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る