閉じる

太陽光パネルを活用しブドウ栽培 福島・二本松に営農型発電所

 農地に太陽光パネルを設置して農業と発電の両立を目指す「笹屋営農型発電農場」が福島県二本松市に整備された。

 同市の発電会社「二本松営農ソーラー」が耕作放棄地に約1年かけて整備した。敷地は約6・8ヘクタールに及び、営農型では国内最大規模の太陽光発電設備となる。出力1930キロワットと年間約620世帯分…

残り 287文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ