病院再編の情報開示「限界ある」 宮城知事、仙台市の訴えに反論

仙台圏4病院の再編方針に対する関係市町村長の意見を聞いた村井知事
救急需要の現状などを訴える郡和子仙台市長=県庁

 「ナーバスな問題」「何もかもタイミングよく出せるものではない」。村井嘉浩知事は24日の仙台医療圏4病院の再編方針を巡る関係市町村長との意見交換後、仙台市が訴える「県の情報開示不足」に反論した。「民間病院の情報を県に開示しろと言われても開示しようがない」とも述べ、県からの報告に限界があることへの理解を求めた。

 村井知事は、再編の協議には日本赤十字社、労働者健康安全機構など県以外の組織が参加することから、「企業誘致と同じで、情報管理をしっかりしながら、先方が認めた内容を適宜開示したい」と説明した。

 再編の根拠となるデータが十分に示されていないとする市の指摘には「客観的データに基づき、誰もが納得する形にしないといけない」と同意。妥当性を示す数値を分析中だとし、「(県議会11月定例会での県の考え方を)聞けば、理解してもらえると思う」と自信をのぞかせた。

 県は市の主張に対し、文書で回答する方針。再編の影響を検証する市の有識者懇話会が本年度内に結論をまとめるとのスケジュールを踏まえ、「(回答時期は)だらだらというわけにはいかない」と語った。

「仙台抜きに再編進められず」 郡市長が苦言

 仙台医療圏4病院の再編方針を巡り、郡和子仙台市長は24日の定例記者会見で「医療圏人口の7割以上を占める仙台市の医療提供体制の議論を抜きにして、再編は進められない」とくぎを刺し、県と病院設置者、東北大による再編協議の全面公開などを強く求めた。

 郡市長は「将来展望でも市内の医療需要はさらに増える見通し。医療圏全体のサービス向上や病院経営を安定的にする議論は、仙台市抜きに語れないだろうと思う」と指摘。協議は「フルオープン(全面公開)の開催が望ましい。県は何を根拠に『市内偏在』としているのか、しっかり示してほしい」と注文を付けた。

 医療圏14市町村長の会議で、仙台を除く13市町村長は再編案に賛同した。「総合病院のない地域が待ち望むのは、その通り」と一定の理解を示した上で「医療圏全体や県全体の将来像はどうなるのか。再編のメリット、デメリットを各自治体と共有しながら議論を進めるべきだ」と強調した。

 再編自体への賛否に関しては「判断材料が県が示した内容にはない。仮に、市内の2病院が移転した場合の影響やデメリット、そこを誰がどう再構築するのかが明らかでなければ、判断はしかねる」と話した。

「大きな希望、安心に」 名取市長、期待感示す

 名取市の山田司郎市長は24日の定例記者会見で、県立がんセンター(名取市)と仙台赤十字病院(仙台市太白区)を統合して名取市に新病院を整備する県の方針について「仙台医療圏の仙台市以外の町にとって、非常に大きな希望、安心になる」と改めて期待感を示した。

 市内での候補地探しについて「市が場所を確保するのが前提。今ある市有地に限らず、取得したり借りたりするなどいろいろな可能性がある」と説明。「病院ができれば、街の活性化につながる」と述べた。

 県が示した仙台医療圏4病院の再編方針に仙台市が反論したことについては「仙台医療圏全体を考え、データを開示し、住民の理解を得ながら進めてほしいという趣旨。私もその通りだなと思っている」と話し、一定の理解を示した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る