FAQ

交通・物流ネットワークの強化(1)命の道

 「この非常階段があったら、助かった命かもしれない」。仙台市若林区役所の元道路課長菅野猛さん(62)が今月上旬、非常階段の下に手向けられた花束を見詰め、手を合わせた。

 非常階段は、東日本大震災で高さ2メートルの津波に襲われた若林区三本塚の仙台東部道路のり面に昨年5月、設置された。幅2メートルで手すり…

残り 1456文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る