閉じる

ベートーベンの舞台配置で「歓喜の歌」 仙台フィル、2年ぶり「第九」公演へ

 仙台フィルハーモニー管弦楽団が年末恒例のベートーベン「交響曲第9番」を取り上げる特別演奏会が25日、仙台市青葉区の東京エレクトロンホール宮城である。新型コロナウイルスの影響で昨年は別プログラムだったため、2年ぶりの演奏。合唱団の人数を絞り、舞台配置も熟慮するなど万全の対策で「歓喜の歌」を歌い上げる…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ