東北新幹線仙台─東京間、一時運転見合わせ

東北新幹線の車両=2021年5月、仙台市

 1日午後2時35分ごろ、東北新幹線の小山―大宮間で、飛んできた農業用ビニールが架線に引っ掛かり、除去作業と安全確認のため仙台―東京間の上りが一時運転を取りやめた。

 午後3時55分ごろに運転を再開した。JR東日本によると、上下2本が運休、25本に遅れが出るなどして約1万1000人に影響した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る