FAQ

震災月命日に慰霊行脚 石巻の住職「共に歩む覚悟示す」

 宮城県石巻市の法山寺住職、北村暁秀(ぎょうしゅう)さん(49)は東日本大震災の月命日である毎月11日、津波で数百人が亡くなった地元の同市湊地区を慰霊行脚している。「亡き人も、今を生きる人も安らかであってほしい」。この一心で供養を続ける。

 法山寺は、海から約1キロ内陸の小高い山にある。震災時、津波は…

残り 1033文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る