FAQ

仙台発「どんと祭」発展の歴史とは 呼び名は新聞記事がきっかけ

 正月飾りを焼き納める伝統行事「どんと祭」が14日夜、仙台市青葉区の大崎八幡宮をはじめ市内130カ所(市消防局届け出)である。どんと祭はいつから、なんのために行われてきたのか。市歴史民俗資料館の学芸員佐藤雅也さん(62)に歴史や由来を聞いた。(編集局コンテンツセンター・佐藤理史)

江戸末期には恒例行事…

残り 1294文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る