閉じる

NPO解散に高い障壁 岩手21法人、構成員不足で総会開けず 事業実態ないまま存続

 活動を継続できなくなった岩手県のNPO法人が、解散手続きまでの障壁の高さに苦慮している。構成員不足で解散決議の総会が開けず、事業実態がないまま法人を存続せざるを得ないケースもある。関係者からは柔軟な対応を行政に求める声が上がる。(盛岡総局・石沢成美)

柔軟な対応求める声も

 県内に住む女性(49)に2…

残り 1019文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ