宮城知事、震災追悼式の見直しに理解 「しっかりした説明重要」

 東日本大震災で被災した宮城県内の市町が、発生日の3月11日に開催してきた追悼式の形式を見直す動きについて、村井嘉浩知事は17日の定例記者会見で「親族や友人を亡くされた方の気持ちをベースに、どのタイミングでどんなことをすればいいかを判断するのが重要だ」と述べ、一定の理解を示した。

 震災の津波で被災し…

残り 429文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ