FAQ

福島銀、SBI開発の基幹システム導入へ 「地銀連合構想」の一環

 福島銀行は20日、SBI地方創生サービシーズが提供する地域金融機関向けの次世代勘定系システムの採用を決めたと発表した。2024年の稼働を目指す。19年11月のSBIホールディングス(HD)との資本業務提携に基づく事業の一環。

 同システムはデジタル技術の活用による業務変革「デジタルトランスフォーメー…

残り 354文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る