「飲食店はリスク高いとされる」 仙台市長、まん延防止の必要性強調

郡和子仙台市長

 郡和子仙台市長は1日の定例記者会見で、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置に関し「取り得る対策は幅広く講じるべきだとの考えに変わりはない」と述べ、要請の必要性を改めて強調した。村井嘉浩宮城県知事は要請を見送った。

 県が決定した緊急特別要請を「とても重要なこと。それについても取り組む」と尊重した上で、村井知事が重点措置の見送り理由に飲食店クラスター(感染者集団)の少なさを挙げたことに「国の基本的対処方針で、飲食はリスクが高いとされている」と反論した。

 市内の感染状況を「病床使用率は既にかなり厳しい状態。医療現場は今後、さらに逼迫(ひっぱく)するだろう。高齢者施設のクラスターも発生している」と説明。今後、村井知事に重点措置の要請を再び求めることは「十分に考えられる」と語った。

 感染拡大で打撃を受ける飲食店などの支援に関しては「大変厳しい経営状況にあることは間違いない。何らかの経済対策を取らなければならない」と話し、今後の予算措置を示唆した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る