FAQ

「まん延防止 考える時」 感染最多で仙台市長危機感

 郡和子仙台市長は27日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染が急拡大する状況を踏まえ「まん延防止等重点措置適用の要請を考える時だと思う。あらゆる手だてを講じるべきだ」と危機感をあらわにした。

 仙台医療圏は確保病床の使用率が20%を超え、県の指標で重点措置を検討する「レベル2+(プラス)」に相当す…

残り 313文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る