FAQ

仙台西高の校舎屋上でも空振観測 1月のトンガ沖・海底火山噴火

 1月15日に南太平洋トンガ沖で起きた海底火山噴火で、強烈な衝撃波による「空振」が仙台市太白区の仙台西高でも観測された。津波の原因とみられ、日本各地で同日夜、約2ヘクトパスカル前後の急激な気圧上昇があり潮位が変化。同校でも1・25ヘクトパスカルの気圧上昇が確認された。

 同校では2019年4月、気候変…

残り 174文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る