FAQ

<あなたに伝えたい>今度は俺が故郷を守る

 宮城県東松島市野蒜の無職栗原正之さん(67)は東日本大震災で、妻美喜子さん=当時(61)=と父正一さん=同(85)=、母嘉子さん=同(81)=を亡くした。正之さんは当時、千葉県で単身赴任中だった。3人は野蒜の自宅か周辺で津波に巻き込まれたとみられる。

 「塀が壊れたから帰ってきて」

 2011年3月1

残り 801文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
あなたに伝えたい

あの日奪われた最愛の人を、片時も忘れられない人たちがいる。悲しみに暮れ、喪失感にさいなまれながらも、きょうを生きる。「あなたに伝えたい」。家族らの思いをつづる。


企画特集

先頭に戻る