FAQ

帰還型人工衛星実現へ着々 東北大発ベンチャー、実証機活用企業と覚書

 地球に帰還する小型人工衛星の開発に取り組む東北大発ベンチャーのエレベーションスペース(仙台市)が、2023年末の技術実証機打ち上げに向けた準備を着々と整えている。1月26日にはバイオベンチャーのユーグレナ(東京)との覚書を公表。宇宙での食料生産も視野に実証機を活用する有力なユーザー企業を開拓した。…

残り 665文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る