FAQ

海上への遺体流出、平野よりリアス地形に多く 東北大災害研調査

 東日本大震災の津波犠牲者のうち、リアス海岸沿いで遺体が海上に流出したケースが多いことが東北大災害科学国際研究所の研究グループの調査結果で分かった。低体温症の犠牲者は沿岸自治体だけで確認され、津波で体がぬれた高齢者が避難先の屋内で命を落とした可能性も示唆された。

引き波の力で運ばれる

 研究グループは宮…

残り 709文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る