気仙沼湾横断橋開通1年 誘客や輸送…復興へ多岐に効果

 東日本大震災の復興道路として国が整備した三陸沿岸道で、宮城県気仙沼市の「気仙沼湾横断橋」(全長1344メートル)が開通して6日で1年となった。横断橋を含む気仙沼港-唐桑半島インターチェンジ(IC)がつながり、県内の三陸道は全線が開通。高速網充実の効果が表れる一方、十分な活用を図る上でなお課題を指摘…

残り 740文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ