「あの日」をどう伝えれば… 若手記者、答えを探して被災地へ

震災後入社の記者、被災地を歩く @宮城・南三陸
7/8
河北新報のメルマガ登録はこちら
震災報道若手記者PT

 東日本大震災の発生から11年。あの日を知らない若い世代が増える中で、命を守る教訓を伝え継ぐために何ができるのか。震災後に河北新報社に入社した記者たちが、読者や被災地の皆さんと一緒に考え、発信していきます。

企画特集

先頭に戻る