閉じる

8年半の記憶、カレンダーの書き込みでたどる 震災関連死に迫る・第2部(2)

33枚の経緯書、半年がかりでつづる

 自分だけが帰ってきたわが家。寂しくて、諦め切れなくて。妻の着ていた服はどれも大切に取ってある。

 「ここで2人で食事して寝かせてやりたかった。それが悔しいな」。福島県楢葉町の松本義道さん(90)が東京電力福島第1原発事故の避難中、日記代わりに書き込んでいたカレンダー…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ