閉じる

<アングル東日本大震災11年>大船渡・越喜来湾 命満ちる 爪痕残る

 東日本大震災から間もなく11年。あの日、多くの命を奪った海の中は今、どうなっているのか。大船渡市の越喜来(おきらい)湾に潜り、水中カメラで撮影した。

 岩場にホヤの塊が張り付き、海藻が青々と茂る。震災後、姿を消した生き物たちのほとんどは戻り、海には生命力が満ちている。

 津波の爪痕は今も残る。海底には…

残り 222文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

ライブカメラ