FAQ

非常食も野菜たっぷり 筑前煮や豚汁入り防災ボックス発売

 日用雑貨・防災用品卸の西谷(山形市)は東日本大震災の発生から11年となる11日、野菜不足を補える非常食を集めた防災ボックス「やさいぼうさい」を発売する。同社9代目の西谷友里さん(36)は「新型コロナウイルスに万が一感染し、自宅療養が必要なときも役立つ」と語る。

 肉じゃが、筑前煮、豚汁、4種類の野菜…

残り 280文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る