女川・浦宿橋が開通 冠水頻発の国道398号代替路

万石浦の湾上に整備された浦宿橋

 宮城県女川町浦宿地区の国道398号のバイパスとなる県道石巻女川線「浦宿橋」が完成し、24日に現地で開通式があった。東日本大震災での地盤沈下により冠水被害が頻発する地域で、災害時の防災機能向上を図る。

 橋は長さ324メートル、高さ最大約15メートル。県が2008年から整備する石巻女川線浦宿道路(約1キロ)の一部で、国道398号の現道から分岐して万石浦の湾上を通り、浦宿地区につながる。女川原発(女川町、石巻市)の重大事故時の避難路にもなる。総事業費は約75億円で、社会資本整備総合交付金の復興枠を充てた。

 式典には県や町の関係者ら約40人が出席。須田善明女川町長は「防災と経済効果の面で大きな意味がある橋。関係者の尽力に感謝したい」と述べた。

 浦宿地区の国道398号はJR石巻線の高架下に高さ制限があって一部の大型車両が通れないほか、大雨時の冠水で通行止めになるといった支障があった。

 橋のたもとでは女川町が約1万1100トンの雨水を貯留できる排水施設の整備を進めている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る