FAQ

仮埋葬、そして過酷な掘り起こし… 葬儀社社員は覚悟を固めた 東日本大震災

めぐる思い(1)

 宮城県石巻市南境の火葬場、市石巻斎場の場長で冠婚葬祭業「清月記」(仙台市)の結城国夫さん(65)は、何事もなく1日の仕事が終わると「良かったな」と思う。「当たり前に火葬してご遺骨をお渡しできる。これが一番いい」

 東日本大震災は、そんな「当たり前」を奪った。同社は石巻市で「仮埋葬」と…

残り 1493文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る