「とれいゆつばさ」ラストラン中止 山形発仙台行き

とれいゆつばさ

 JR東日本仙台支社は24日、31日に予定していた山形新幹線の足湯付きリゾート車両「とれいゆつばさ」の山形発仙台行きラストランを中止すると明らかにした。最大震度6強を観測した16日夜の地震で、東北新幹線の一部区間の運転見合わせが続いているため。

 運行ルートの一部になる予定だった東北新幹線郡山-仙台間が不通となっている。ツアーは定員を大きく上回る応募があり抽選で販売した。当選者には代金を払い戻す。

 「とれいゆつばさ」は老朽化で引退が決まった。福島-新庄駅間で27日に予定されている運行がラストランとなる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る