FAQ

老舗写真館がラーメン店に 4代目が挑戦、業態変え歴史つなぐ

 100年を超す老舗写真館の歴史が形を変えてつながった。山形県村山市の中心市街地の楯岡地区にあり、昨年2月に閉館した写真館「大正堂」が今年3月、同じ屋号のラーメン店としてリニューアル。4代目に当たる店主宮本貴洋さん(34)が「店の名前を残したい」と店の財産をできるだけ残して起業し、にぎわいの場を創出…

残り 750文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る