閉じる

震度6強地震 ごみ焼却施設の停止長引く 相馬と新地、装置破損

 福島県沖で3月16日に発生したマグニチュード(M)7・4の地震により被災した相馬市と福島県新地町で、ごみ焼却施設の停止が長引いている。家庭ごみを郡山市やいわき市などに運んで焼却処理を依頼するが、長距離輸送の手間がかかり、経済的負担も大きい。「このままでは困る。何とか早く復旧させたい」(相馬市)と躍…

残り 528文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ