「ホヤぼーや」生誕15周年で公式サイト開設 気仙沼市、記念デザインも

記念デザインや公式サイトをPRするホヤぼーや

 宮城県気仙沼市は27日、市の観光キャラクター「ホヤぼーや」の生誕15周年に合わせ、公式サイトを開設した。15周年の記念デザインも発表し、さらなる気仙沼ファンの拡大につなげる。

 サイトではホヤぼーやのイベント出演予定や思い出をつづった日記、新しいグッズなどを紹介。一緒に踊れる動画や塗り絵のダウンロードも楽しめる。

 記念デザインは2種類あり、ホヤぼーやがホタテの貝殻や数字の「15」から顔を出す。市内の事業者は申請の上で、7月1日~来年6月30日に商用利用ができる。ホヤぼーやのデザインは既にあるものを含め全94種類となり、営利目的でなければ規約に従って申請不要で誰でも使える。

 ホヤぼーやは2008年の仙台・宮城デスティネーションキャンペーンを見据え、07年7月に公募で誕生した。東日本大震災後は復興支援やドラマ出演などを通じて人気が広まり、これまで全国から7800通以上の年賀状を受け付けた。

 市観光課の担当者は「たくさんの応援に感謝だ。15周年を機に、皆さんをもっと笑顔にしたいと本人も意気込んでいる」と話す。

「ホヤぼーや」公式サイト

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る