閉じる

<東北の本棚>他者否定しない生き方

定年就活 働きものがゆく 堀川アサコ 著

 春は出会いと別れの季節。これまでの暮らしに区切りを付け、新たな1歩を踏み出した人も多いことだろう。本作の主人公・花村妙子もそう。長らく務めた会社を60歳で定年退職し、就職活動を始めたことで生まれる人間模様を、就職活動を軸に軽快なテンポで描いた。

 高卒で総合商

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

東北の本棚

「東北の本棚」は、地元にゆかりの深い著者の本、東北を舞台にした本などを紹介するコーナーです。小説、評論、ルポルタージュ、写真集、絵本など、さまざまな本を厳選して生活文化部の記者が紹介します。

ライブカメラ