手形でヒマワリ、復興願う 神戸の子どもが気仙沼・大島小に絵画贈る

 発生から11年が過ぎた東日本大震災の被災地に思いを寄せようと、27年前の阪神大震災の被災地・神戸市の絵画教室「アトリエ太陽の子」に通う子どもたちが、宮城県気仙沼市の大島小に「命のヒマワリ」と題した2枚の絵画を贈った。

児童「元気になれる」

 絵はどちらも縦1・2メートル、横10・0メートル。教室の幼稚…

残り 453文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集