閉じる

苦境イチゴ、どら焼きに 仙台・こだま、新素材でマリトッツォ風

 菓子製造のこだま(仙台市)は、新型コロナウイルス禍で需要が減少した宮城県山元町産イチゴを使ったどら焼き「いちごの絆」を発売した。ボリューム感あるクリームの形状維持のため、増粘材に日本製紙(東京)が開発した新素材「セレンピア」を、東北の菓子業界で初めて採用した。

 いちごの絆はこだまのオンラインショッ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ